千葉での家族葬その最新情報と料金相場

一般的な葬儀というものは、家族や親族だけではなく、地域や会社などからも参列者を集めて大規模に行うものといえますが、家族葬の場合には、文字通り、家族、親族、そして少人数の友人などだけを集めて行うものといえます。こうした特徴があることから、コスト的には一般的な葬儀よりも安上がりであるといえ、そのほかにも、儀礼的な部分が強調されすぎることがないため、亡くなった人の冥福を祈るために真にふさわしい場とすることができるといったメリットがあります。千葉県内でこうしたタイプの葬儀を行う場合、葬儀社のほうでもいくつか最新のサービスを準備していることがありますので、情報には事前に目を通しておいたほうがよいでしょう。また、相場についてもある程度は知っておいたほうが、具体的な選択がなにかとスムーズに進みます。

一般的な葬儀と比較した相場の違い

千葉県内で一般的な葬儀をするのであれば、やはり一式で100万円ではとても足りるものではなく、それ以上の予算を確保しなければならないといえます。特に、大都市のために人件費などは他の地域と比較すると高めになってしまうというところは気をつけておかなければならないところです。それに対して、家族葬のような小規模な葬儀であれば、一般的な葬儀よりも、比較的安く執り行うことが可能となっています。具体的な金額については、プランによる違いも大きなものですが、たとえばもっともシンプルなスタイルとなる直葬であれば、15万円から20万円といったところです。ふつうの家族葬であれば、下は30万円程度から、上は50万円や100万円内外といったものがあり、これは選択次第ということになります。

プランにあわせた価格帯についても考慮

千葉県内での家族葬といっても、それぞれの葬儀社では最新のプランを用意していることが多く、こうしたプランによっても価格帯が違うことがあります。ほとんど火葬だけという、直葬というプランほどではないものの、家族や親族が集まる程度のごく少人数であって、通夜と告別式をいっしょに行うというプランであれば、30万円程度の安価なものがみられます。こうした安価なプラン以外は、顧客の要望にしたがって、かなり細かくプランを分けているケースがみられます。たとえば、祭壇そのものの大きさのほか、遺影の大きさ、生花を飾る本数、骨壷のグレードなどが、そうしたプランと費用の分かれ目となりますが、選択肢が豊富である分だけ、予算の面に応じた選択が可能であるというところがあります。