千葉エリアでの家族葬にはこんなサービスが

家族葬というのは、家族、親族やごく親しい友人だけを集めて行う葬儀のことです。従来の伝統的な葬儀とは違って、小規模な範囲の葬儀となることから、近所付き合いや会社の取引関係などといった、しがらみに近い関係はシャットアウトして、純粋に亡くなった人をしのぶことができるという面でのメリットは大きいものです。しかし、実は明確なことばの定義があるわけではないため、それぞれの葬儀社によっても内容が違っていたり、他社とは異なる特別なサービスをしていたりといったことがあります。千葉エリアでこうした葬儀をする場合には、葬儀社ごとのサービスの具体的な内容を、あらかじめ把握した上で、もっともふさわしいものを選択することができるようにするとよいでしょう。

いろいろなプランに分かれることが多い

千葉エリアでの家族葬の場合には、それぞれの葬儀社がいくつかのプランを準備していることが多いものです。料金的な面で分けるのであれば、火葬が中心の直葬とよばれるプランがもっとも安価ですが、その上は生花のボリュームや祭壇のサイズなどで、いくつかのランクごとに料金が増額されます。また、プランのなかには、たとえば一般的な仏教形式の葬儀ではなく、献花などを主体とした無宗教の葬儀のプランがあったり、あるいは通夜と告別式をいっしょの日に行い時間を短縮するプランなどといったものがあります。そのほかには、火葬をした後の対応として、墓地に埋葬するのではなく、海洋などで散骨をして、自然に還すといった、いわゆる散骨のプランなどが設けられていることなどもあります。もちろん、一般的な墓地への埋葬もあれば、納骨堂での対応ということもあり得ます。

事前に相談ができる窓口が存在する

千葉エリアでの家族葬ですが、家族の意向によって、こうしたタイプの葬儀をする場合はもちろん多いものです。しかし、ほかにも本人が生前に希望をして、亡くなった後で家族葬の形式で葬儀をしてもらうといったこともあり得ます。この場合ですが、個人としてオリジナルな葬儀にしたいというこだわりであったり、あるいは家族に金銭的な負担をなるべくかけたくないという配慮であったりと、理由はさまざまです。そうした理由によっても、どのようなプランを選択したほうがよいのかという選択肢は異なります。そこで、あらかじめ葬儀社にいるコーディネーターのような専門のスタッフに相談をして、より適切なプランを検討してもらうといった、相談のための窓口が設けられていることも多いものです。こうしたサービスがあれば、いざという時にも安心といえます。