家族葬なら千葉エリアがおすすめその理由

亡くなった人を偲ぶための葬儀というものにも、時代に応じた変化はあるものです。かつては葬儀といえば、家族や親族だけではなく、会社や地域の人々の参列する大規模なものであって、しかも地域の自治会などが主体となって、誰がどのような手伝いをするのかまでが、ある種の不文律として決められていたものといえます。しかし、最近では核家族化などを背景として、より葬儀の本質に迫った、家族や親族、そして少数の友人だけで、亡くなった人を心から追悼するという、いわゆる家族葬の形態が注目をあつめるようになってきています。特に、千葉県のような新興住宅地の多いエリアでは、地方とは違ってそうした傾向が強く、この地域ならではのメリットと呼べるものもあることは押さえておいてよいといえます。

会場を選ばないというメリットがある

千葉県は膨大な人口を抱えていることから、家族葬に関してみても、そうした需要を背景として、やはり他の地域よりも一歩進んでいるということができます。実際に会場をどうするのかは、喪主の判断しだいというところがありますが、基本的には自宅、そうでない場合には葬祭ホールや公設の斎場などといったところになります。ただし、自宅では祭壇を置くスペースなどが用意できないことが多く、また公設の斎場も、伝統的な葬儀を想定した大規模なスペースしかなく、結局は葬儀社の用意した葬祭ホールということが多いといえます。小規模に葬儀ができるスペースというのは、実は意外と見つけるのに苦労するところですが、県内であれば、そもそも葬祭ホールが多いため、適当な大きさのホールを探すにあたっても、あまり時間がかからないというメリットがあります。

パッケージ化された定額のサービスがある

家族葬とはひとくちにいっても、儀式めいたものはほとんど行わずに火葬をする、いわゆる直葬とよばれるタイプと、葬儀はするものの通夜と告別式に分けないタイプ、そして両方を分けて違う日取りで行うタイプと、いくつかのパターンがみられます。どのようなタイプを選択するかによって、内容や料金はまったく違ってしまうということには注意が必要です。千葉県内の場合であれば、他の地域とは違って、すでに葬儀社でもいくつもの実績を有していることが多く、たいていの場合には、こうしたパターンをパッケージとして提示して、料金についても定額制となっていることが多いといえます。そのため、言葉につられて葬儀社に一任してしまったものの、選択肢がまったくないばかりか、料金も大規模なものと大して変わらなかったなどといったケースは少なくなります。