家族葬にまつわる基礎知識千葉エリア編

従来の葬儀というのは、地域の人々が手伝いなどとして、なかば強制的に駆り出され、当日についても、家族や親族に加えて、学校や会社といった、いろいろな社会的なつながりのある人たちが参列をし、喪主はあいさつをはじめとして、その対応に奔走するといったイメージがありました。こうした葬儀のありかたに一石を投じるものとして、最近では家族葬というタイプの葬儀が注目をあつめているところです。基本的には農村部などよりも、都市化されている地域のほうが需要はあるといえ、千葉県などはまさにそうした条件を満たした地域であるということができます。もしも実際にこうしたタイプの葬儀をすることを予定しているのであれば、まずはその基礎知識を仕入れておく必要があるといえます。

少人数によって行われるタイプの葬儀

千葉県内で行われる家族葬ですが、会場としては、葬儀社が用意している葬祭ホールの一室で、特に少人数向けのつくりになっている部屋をあてることが多いようですが、自宅で行うという場合もあり得ます。基本的にはその名前のとおり、家族、親族、親しい友人といったレベルの、ごく少人数だけでの葬儀というところが、一般的な葬儀とは大きく異なるところです。そのかわり、式次第などは一般的な葬儀とあまり変わらないという部分もあります。これまでの密葬と異なるのは、家族などの血縁的な内輪だけではなく、親しい友人あたりであれば積極的に参列をよびかけて、亡くなった人を偲ぶという思いを共有するという側面があることです。また、密葬のあとに社葬や本葬をするなどといった、二重の儀式が行われることはないことなども挙げられます。

いくつかのプランにわかれることがある

千葉県内での家族葬ですが、通常の場合ですと、いくつかのプランを葬儀社のほうで用意をしており、そのなかから当家において選択をするというスタイルが一般的なものとなっています。こうしたプランは、祭壇などの内容や規模、葬儀に参列する人数によって異なりますし、予算にあわせて選択するということでも問題はありません。もっとも簡素なものであれば、儀礼的なことを省略して直接火葬をする、いわゆる直葬、火葬式とよばれるプランがあり、これは価格的にも安価となっています。その他のプランでは、通夜と告別式を一体としたもの、通夜と告別式を別途執り行うものなどがあり、あとは祭壇にどの程度のグレードのものを用意するのかなどによっても、詳細なプランと価格が決まってくることになります。